住宅ローンが払えない!思い切って任意売却を

住宅ローンが払えなくなると

病気やリストラで家計が苦しくなり、住宅ローンが払えなくなってしまった。それは誰の身にも起こり得るリスクです。

一時的なものならよいのですが、今後も苦しい経済状況が続くようなら、思い切って家を任意売却するのも一つの手段です。というのも、住宅ローンの支払いが滞り続けると、いずれ家は競売にかけられることになります。そうなると市場価格よりもかなり低い値段で売却されることになる上、引っ越し費用を作ることもできないまま家を追い出され、手元には多額の借金だけが残ると言った事態になりかねません。競売はできるだけ回避すべきもの。そのための1つの手段が任意売却なのです。

任意売却のメリットとは

任意売却には交渉や手続きの手間がかかりますし、必ずしも成功する訳ではありません。しかし、強制的に家を売られてしまう競売に比べると、いくつかの大きなメリットがあります。

まず市場価格に近い価格で自宅を売ることができるという点です。かなり安い値段で買い叩かれてしまう競売と比べると、非常に大きなメリットと言えるでしょう。高額で売ることができればそれだけ債務返済にお金を回すことができるので、売却後の債務を小さくすることができます。

また、立ち退き時期や条件に強制力がある競売に比べると、任意売却は自分の都合で立ち退き時期などを決めることができます。また場合によっては引っ越し費用を作ることも可能なので、落ち着いて次の生活場所を準備することが可能なのです。

住宅ローンが払えなくなると債権者である銀行が住宅を差し押さえて、競売にかけられます。その前段階として専門業者により、債権者の同意のもと、負債が免除される金額で売却できる任意売却という方法があります。