忘れずに確認!マンションリフォームの大切な三大要素

まずリフォーム工事の規模や内容をはっきりしよう

夢のマンション購入から数年が過ぎて、クロス(壁紙)の張り替えや浴室を少し使いやすくしたいと考えるのは自然な流れだと思います。そのマンションリフォームを検討する時には、規模や内容、予算、時期の三大要素をしっかりと検討する必要があります。まず、リフォームの規模や内容をはっきりと決める事が重要です。業者への工事の発注は細かい指示が必要になります。リフォームが必要な部分はどこなのか、家族の意見をまとめてしっかり決めましょう。

予算には余裕をもたせよう

次に大切な要素として予算の考え方があります。工事の内容が決まると、工事の経費の概算が算出できます。ここで重要なのは、算出した経費に対して予算に余裕があるかどうかということです。リフォーム工事には追加工事や修正工事が多く発生します。予算を考える時に、ある程度は余裕をもった予算にしておかないと、せっかくのリフォームが不満の残る工事で終わってしまいます。たとえば、クロスを張り替えたがイメージと違ってしまったので指定を変えて修正工事を行うようなことも珍しくありません。

大規模修繕工事の時期を確認しよう

最後の大切な要素はリフォーム工事の時期です。一般的なマンションは、竣工後12年~15年ほどで大規模修繕と呼ばれる修繕工事を行います。外壁のタイルの張り替えや照明機器の刷新を始めとして、マンション全体が生まれ変わるような修繕内容の工事を行います。その際に、管理組合によってはベランダのサッシや居室入り口のドアの交換を行う組合もあります。もしそのような大規模修繕工事の予定が判っている場合は、リフォーム工事と工事内容が重なる可能性もありますので、大規模修繕工事後にリフォーム工事を検討する事をおすすめします。

マンションリフォームを千葉にあるリフォーム会社でお願いするメリットは小さな修繕から大きな改造まで経験豊富な工務店や建設会社が行うからです。