付加価値として増えているブロードバンド物件は見極めが肝心!?

個別契約との比較をしよう

ブロードバンド物件として広告宣伝されている部屋は、オーナーの方針により家賃または管理費に利用料金が含まれている可能性があります。また、単に導入可能というだけであって、対応物件である表示をしていて、実際には自ら個別契約手続きが必要となるケースも少なくありません。ブロードバンド物件を敢えて選ぶ理由が本当にあるのか、後から引き込んでも価格が変わらなければ、自由に選べる光配線方式に敵うインターネット回線はありません。

双方向通信と無線LANを確認する

不動産屋からの紹介内容にブロードバンド物件が含まれている場合、回線品質については必ず確認する必要があります。速度はベストエフォート式ですから、実効速度を調べることは不可能に近いですが、少なくとも双方向通信に耐えられるレベルか確認すると良いでしょう。無線LAN機能をホームゲートウェイに標準装備している場合、同じ建物内で無線LANが混線する可能性がある点も注意が必要です。片方向だけ速くても通信環境としては不十分ですから、双方向の通信速度が同じ光配線方式を採用した光回線が望ましいです。

オンラインゲームユーザーなら接続方法に注意

ブロードバンド物件を選ぶ理由の1つとして、オンラインゲームを楽しみたいという希望があるならば、接続方法の確認を怠るとゲームプレイが出来ない問題に直面します。個別に光回線を引き込む必要に迫られても、ブロードバンド物件だからという理由で、引き込み許可が下りないケースもあるでしょう。グローバルIPアドレスで直接接続出来ることと、Port開放が個別に出来る点を確認して、問題が無いことを確認しなければ、楽しみにしているオンラインゲームプレイは保証できない点も重要です。

シングルに最適な桑園の賃貸物件は、リビングルームが広くてゆとりを持って暮らせる、ハイグレードなマンションです。