ここがポイント!店舗デザインを始めるなら

なぜ店舗デザインは大事なのか

店舗を新しく開業することになった場合、デザインはとても重要なポイントです。サービスや商品の内容がよくても、店構えが原因で入りにくいことはよくあります。

まず店舗デザインで大事なのはターゲットとする顧客とお店全体のコンセプトを明確にすることです。店主の好みやこだわりだけを重視するのではなくて、ターゲットにしたい顧客がどうすればお店に来てくれるかテーマを考えてみましょう。

ターゲットのことを考えてデザイン

若者が訪れることを期待する飲食店ならば、シンプルで居心地がいいデザインにするなどターゲットにする対象のことを考えて店内をデザインしていきましょう。しかし、ターゲットのことを考えすぎて必要なものをすべて取り入れると、統一感がないお店になってしまいます。バランスに気をつけることが大事です。

外装と内装をデザインする場合のポイント

店舗の外観をデザインする場合、重要なのは目に入りやすいことです。奇抜なデザインにするのではなく、店舗独自のコンセプトが伝わり店内でどんなサービスを受けられるのか分かるようにしましょう。たとえば多くの人が外観に注目するアイテムとして、のれんや看板があります。

次に内装をデザインするならば、外装とギャップがあると不自然になるので気をつけましょう。また、顧客が使いやすいデザインにすることも大事です。インテリアを配置する場合は店員が業務や点検、清掃などで困らないようにしましょう。自分でデザインするのは難しいと感じたら、デザイナーに相談してみるのもおすすめです。

子供部屋の内装工事は壁紙を子供が好むデザインの物に張り替えるのが一般的です。その一方で子供の成長や趣味の変化に合わせて適度に張り替えを行う必要があるので、費用については慎重に考えることが大切です。